ホルモン補充療法で見た目年齢激変|同年代と差をつけよう

女の人

更年期障害を緩和するには

医者

エストロゲンの減少を補う

女性は閉経期になると、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少するため、身体のバランスが崩れて、さまざまなトラブルが発生しやすくなります。冷えやのぼせ、発汗や動悸といった自律神経失調症は代表的な症状です。また倦怠感・うつ・イライラなどの精神的な症状、皮膚や粘膜の乾燥による痒み・性交障害などもよく見られます。こうした症状を緩和するのがホルモン補充療法です。ホルモン補充療法は更年期障害を改善するだけでなく、肌を若返らせるアンチエイジング効果も期待できます。また女性ホルモンの減少は骨粗しょう症やアルツハイマー病にも繋がるため、これらを予防する効果もあると言われています。欧米では既に一般的な治療になっており、日本でも人気上昇中の治療法です。

生活の質を維持する

ホルモン補充療法ではエストロゲンに相当するホルモンのほか、黄体ホルモン(プロゲステロン)を配合した薬を用います。これらは経口避妊薬ピルと同じ成分ですが、含有量はずっと少なく、副作用を軽減するように考えられています。また薬は内服薬を使用する場合と、貼り薬や塗り薬を使用する場合があります。後者は肌の弱い人には向かない反面、胃腸や肝臓に負担をかけないというメリットがあります。ホルモン補充療法は医師の診断によって、保険が適用される場合があります。たとえば骨粗しょう症の場合には保険適用となり、費用をかけずに治療が可能です。更年期障害は生活の質を低下させる大きな原因になります。つらい思いをしている方は、一度医師に相談してみると良いでしょう。

注射でしわ・たるみ解消

注射

ヒアルロン酸注射は、人間の体に欠かせない成分であるヒアルロン酸を注射する施術です。深いしわやほうれい線にヒアルロン酸注射をすれば、その部分が盛り上がってハリが出ます。ダウンタイムもないので気軽にできます。

読んでみよう

リフトアップ治療

女性

美容外科クリニックに行ってシワ取り治療を受けると、見た目をグッと若返らせることができます。最近はメスを使わないシワ取り治療が人気になっていますが、高周波を用いるサーマクールという名前の治療が注目を集めています。

読んでみよう

美容皮膚科のフォトRF

顔の手入れ

フォトRFやフォトフェイシャルは、IPLという特殊な光を肌に照射する美容治療である。フォトフェイシャルの施術を受けることによって、肌のたるみを改善することができる。東京の美容皮膚科では、スーパーフォトRFやサーマクールによるたるみ治療も行っている。

読んでみよう